2006年03月19日

チョコレート効果

06_03_18_19_28.jpg
リンツのチョコ(:85%)

輸入雑貨を扱っているお店でリンツのカカオ85%のやつを見つけた。
薄い板チョコが6つの小部屋で仕切られて重なっていて高級感たっぷりだ。
(ま、実際に高かったけどたらーっ(汗)

カカオマス(チョコの濃さ)が80%を超えるともはや「甘さ」の世界は終わってしまう。そのかわりに苦い風味を楽しめるようになるぜ。最近はやり?のチョコレート・ダイエットもカカオ70%以上のものでなければ、悲しい結末を向かえてしまうから要注意だ!がく〜(落胆した顔)

カカオが濃いチョコレートは虫歯にもなりにくいというが、ほんとかな?
posted by kazoo at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

犬のバラ

06_03_06_19_45.jpg06_03_06_19_59.jpg
ローズヒップ・ティー

今日は、ハーブティの王道「ローズヒップ」を購入した。
名前の通り、ばらの野生種、英語では「Dog Rose」って言うんじゃなかったかな。
香りと味は、梅干に使うシソっぽい。ビタミンCがたくさんあるらしー。
そういえば、アセロラにも似てるかも。

練習用に買った(安物の)ティー・ポットとカップを熱湯で温めておき、
熱湯をそそぐ、しばらくふたをして蒸らす。

いずれ禁煙と禁酒で貯めてる「つもり貯金」で高級なポットとカップを購入予定である。
でも禁煙始めてから、チョコやティー、ガムに昆布にお金を使っているために
あまり貯まっていないのは、残念なことだ。ふらふら
posted by kazoo at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

チョコで落ち着こう!

06_03_05_17_37.jpg
ベルギー産コートドール・チョコレート

ご存知のとーり、チョコレートには精神安定の効果がある。
微量のカフェインか、カカオ・ポリフェノールなど。

最近、僕の生活に欠かせないもののひとつにチョコレートがある。
今、話題の「GABA」(明治製菓だったかな)は、好きなチョコだ。
上の写真のヤツは、ちょっと高かったけどカカオ86%と濃いやつだ。
チョコで有名な国ベルギーで120年の歴史を持つコートドール。

禁煙・禁酒を始めて、食にこだわりが出てきた。
この調子では、確実に太ってしまうだろう・・・がく〜(落胆した顔)
posted by kazoo at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

めざせ!茶ムリエ

06_03_03_19_43.jpg
ハーブ・ティー(ペッパーミント)

禁煙・禁酒も半月になった。なるほど、匂いに敏感になったようだ。

炭酸水のほかに、紅茶なんかを”まい・ぶーむ”にしようかと思っている。
夢は、茶ムリエである。

さて。今日はペッパーミント・ティである。熱いのに涼しい。のどが癒される感じがする。

最近、味覚も変わってきて前はタバコを吸うために入っていたカフェで、
コーヒーや紅茶をいただきながらクッキーやマッフィンなんかを楽しむようになった。
まるで女子学生の誕生日会じゃないかふらふらでも、幸せは感じているわーい(嬉しい顔)

ニコチン、アルコールには開放されてるけど、今度はカフェインにはまったかな?
人間は弱い。いつも心のよりどころが必要だ。
posted by kazoo at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

アイスクリームとは

冬のアイスクリームもなかなかおつなものだね。
ま、さすがに外で食べると凍ってしまって堅くなっちゃうかなふらふら

アイスクリームの歴史は意外にも古く、
紀元前3000年の中国では、牛乳でつくられたものが食べられていたという。
かのアレクサンダー大王なんかもミルクと蜂蜜でできた氷菓子を食べていたんだってさ。

日本でもカキ氷なんかは平安時代に食べられていたらしい。
ま、アイスクリーム(”あいすくりん”と呼ばれていた)は、江戸時代に日本の使節団がアメリカを訪問して以降に始まったというがね。

僕の幼稚園は夏になると園児にアイスクリームを配ってた。
僕は棒つきのアイスを選んで食べて、棒に「あたり」がついていたのだが、いったいどこにあたりを持っていけばいいのか分からなくて困った記憶がある。

ちゅうちゅう吸うチューブの凍らせたやつは高くても30円と安くて、夏の駄菓子屋でまず食べる僕の定番だった。特に細長いコーヒー味のやつの口を駄菓子屋のおばちゃんのサビたかみそりで切ってもらって食べるのは美味。

憧れはトルコで売ってるもちのように伸びるアイスだexclamation×2
posted by kazoo at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

パンの考察

僕の家にある炊飯器といえば飯ごうくらいだ。
したがって、あまり家では米は食べない。

だいたい主食はパンである。
それも周りがカチカチのラグビーボールみたいなヤツだ。
細長い、いわゆるフランスパンもいい。
食パンは、緊急事態のときしか食べない。

約6000年前からメソポタミアで、小麦粉だったかライ麦だったかを水と塩でこねて焼いたパンの原型みたいなのが食べられ始めたらしい。そして約3000年前に古代エジプトで偶然、イースト菌が入って膨らんだパンが始まったという。
最初に膨らんだヤツを見た人は、さぞ驚いたことだろうがく〜(落胆した顔)

バター、マーガリン、ジャム、マーマレード、蜂蜜なんかを塗ったパンもいいけど、
何もつけずに、おいしいチーズと食べるのが一番好きだ。
あと、薄くスライスしたローストビーフにディジョン・マスタードを塗って食べるのもよろしい。ちょっと贅沢かなあ・・・
posted by kazoo at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

パスタって

パスタは好きなほうだ。
僕がカナダにいたとき覚えた唯一の料理と言ってよいだろう。
ゆで方には、ちょっとだけ自信がある。

好みは分かれるだろうが、茹でるときのコツは若干アルデンテがいいと思う。

クリーム・ソースよりは、トマトソースが好きだ。
長い麺のスパゲッティは食べなれてるが、短いパスタのペンネなんかもいい。
なかでもペンネ・アラビアータは、最高だと思う。
いろんな形があるけれど、くるくるねじれたヤツはソースによく絡むからいい。

僕は辛いものを食べ過ぎるとおなかを壊してしまうので、
唐辛子のたくさん入ったやつは、あとが心配だ。
あまり辛すぎないぺペロンチーノもおいしい。
(でもにんにくが効いてるので休日とかしか食べられないが・・・)

パスタの先祖は、マルコポーロが紹介した中国のラーメンだったかな。


posted by kazoo at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ホットドッグ

日本にたこ焼きの屋台あるように、トロントにはホットドッグスタンドがあった。
よく公園や図書館の前なんかに出ていて、そこにいた四年間はマックと並んで僕の主食だった。

たしかホットドッグが2ドル、ジャーマン・ソーセージが3ドルだったか。
レリッシュ(ピクルスのみじん切り)、たまねぎ、キャベツ、ホットペッパーなんかの酢漬け、カリカリのベーコンのみじん切りをソーセージの乗っかったパンの割れ目にのせて、チューブボトルに入ったケチャップとマスタードをかける。ソーセージを焼くときに、となりでパンも軽くあぶられてサクサクしておいしかった。
僕のいた地区では、スタンドの売り子は東欧からの移民者が多かったと思う。

寒さに震えながら食べたあの味を、僕は一生忘れないだろう。
posted by kazoo at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

蜂蜜酒をのむ。

05_11_23_21_59.jpg
蜂蜜酒

今日は勤労感謝の日。
出勤だった僕は、自分をねぎらってやろうと思った。
ま、自分で自分を祝うなんて、一抹の寂しさは感じるけど・・・

で、あまり高くなかったので蜂蜜酒というものを買ってみた。
古代エジプトでワインやビールと共に最古の酒っていうのに惹かれたからだ。
アルコール分11%、そんなに高くない度数だ。
黒糖焼酎みたいなのをイメージしてたのだが、けっこう甘ったるくクセがある。

蜂蜜はすごい。腐らないのだ。
なんせ2000年以上前のピラミッドから出てきたものも腐ってなかったらしい。
黄金色に輝く液体を飲みながら遠い古代に思いをはせる。

明日も仕事だ。
posted by kazoo at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ボジョレ・ヌヴォの季節

chateau.jpg
シャトー・ラトゥール
(ちなみにCHATEAUって”お城”って意味だよ。)

さて。
そろそろボージョレ・ヌーボの季節になった。

Beaujolais(フランス中東部のワイン産地) Nouveau(”新しい”という形容詞)

文字通り、今年出来立てのワイン。
お酒は古ければ古いほど価値が上がるけど、僕はこっちの楽しみ方が好きだ。
(ちなみにお漬物もあさ漬け好き)
解禁日なんかがあり、みんなでカウントダウンして飲む。

ブルゴーニュやボルドーなんかのよいぶどうの産地は、
よく国同士で戦争が行われた。
みんなワインが好きだったのかな?

まあボトルを開けていっぱいやろうよ!
「冷えたワインと温かい心に、乾杯!!」バーバー
posted by kazoo at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べもの・飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ