2005年08月24日

戦後ってなんだ?

戦後、60年。
時々、記憶の隅から引っ張り出さなくては。
僕のおじいさんもビルマ(現・ミャンマー)の戦場で亡くなった。

原爆病院では、今も治療を受けに通院しなければならない人たちがいる。
広島や長崎で熱線や放射線を浴びた人たちは、
皮膚の遺伝子レベルまで破壊されたために、一生、正常な皮膚が再生されないらしい。
60年経った今でも、そのときの傷はひどい痛みを伴うらしい。

60年、とても長い時間だ。
でも、この人たちの戦争は終わっていない。
貴重な時間も通院に割かねばならないだろうし、
もしかしたら、夢を見る権利さえ奪われたかもしれない。

とても、つらいことだと思う。


posted by kazoo at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ