2021年11月27日

英語の発音武者修行(トロント・コメディ編)

「この国で俳優をやりたいのなら、その日本語のなまりをなんとかしろ。」

トロントでコメディショーをプロデュースしていたカナダ人から、そう言われた。その後、彼とは長い友人となり、僕の英語から日本語アクセントを抜く猛特訓が始まったのである。

まずは、これから毎日、10人以上に道で時間を尋ねるんだ!
そう言われてから、いろんな人種に声をかけまくった。

Do you have the time?
何時か分かりますか?

次は、街中の本屋に電話をかけて、こう尋ねろ。

Do you have Anthony Robbins?
アンソニー・ロビンズ置いてますか?

世界的な自己啓発本の有名人だ・・・。この辺から、英語武者修行は妙な感じに進むのである。

怖かったのは、ストリートにいるギャングっぽい黒人たちを笑わせろとの指令。
このときばかりは、自分は何も知らない日本人だとアピールするのに必死で、逆効果だった気がする。

しかし、だんだんと度胸はできてきて、何件かコメディクラブのステージに立つことができた。
スタンドアップ・コメディ、「スタンダップ」と呼ばれる漫談で、ひとりでしゃべり続けなければならない。

最初は、Amature Nightと呼ばれる素人部門からスタートした。
客はビールを片手に野次を飛ばすのである。だいぶ”日本に帰れ!!”とありがたい言葉をもらえた・・。

思い出したら、続きはまた次回。


ラベル:英語 演劇
posted by kazoo at 15:22| Comment(0) | トロント時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。