2020年03月18日

三国志の英語「徐栄」

あまり目立たない地味な人間こそ、なかなか手ごわい。

有名な三国時代にも、華々しい英雄や猛将はたくさんいただろう。
だが、本当に強かった武将は、あまり記録に残されなかったのではないか?

三国志(演義)では、あまり活躍を描かれなかったけれど、
史実にも登場する徐栄(Xu Rong)という将軍も強かった。

後漢時代から、董卓(Dong Zhuo)に仕えていた武将で、
若くて勢いのあった時代の曹操(Cao Cao)や孫堅(Sun Jian)
たちを圧倒的な力の差で破っているのだ。

興味深いエピソードとして、
友人だった公孫度(Gongsun Du)が失職したとき、
遼東地方の太守(管理者)に推薦してやったところ。

仕事をもらった公孫度が治めていた州は、
のちに中国が三つの大国に分かれていた時代も、
したたかに独立勢力として存在しつづけた。

結果として、徐栄はそのきっかけを作ったとも言える。

ラベル:英語 三国志
posted by kazoo at 18:07| Comment(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ