2019年02月16日

火星探査機オポチュニティ号にささぐ

先日、アメリカ航空宇宙局は、こう発表した。

"NASA's Opportunity Mars rover mission is complete after 15 years on Mars."
NASA火星探査機「オポチュニティ」号は、15年に及んだ火星での任務を完了。

・・・我ら地球人の未来のために、

コツコツと火星の情報を送り続けたオポチュニティは、

「赤い悪魔」とも呼ばれる火星の砂嵐の中、

黙々と孤独な作業を続けてきたのだ。

長く、戦い続けてきた彼らは、砂の中で交信を絶った。

火星の嵐を克服するという課題を我らに残して・・・。
ラベル:火星 NASA
posted by kazoo at 16:18| Comment(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ