2018年02月11日

仮想通貨

最近よく耳にするようになった「仮想通貨」。

もともとは、インターネット上で(お金のように)やりとりされる数字にすぎなかったが、今では、実際に価値を持ち、現実の商品やサービスに使用できるようになった。個人的には、経済が不安定な国の国民なんかが、自国の通貨を信用しないで、資産を仮想通貨で保持しているのが印象に強い。

さて、英語表現では、まず、
virtual currency「仮想通貨」を思い浮かべるが、ほかにも、
digital currency「電子通貨」
alternative currency「代用通貨」などがある。

中でも、もっとも有名になったのが、
Cryptocurrency「暗号化された通貨」だろう。
どこかの国や機関で管理されるのではなく、世界中のコンピュータネットワーク上に分散して管理されているのが、とても未来的だ。

だが、貯金箱から出したお札や硬貨を、ニタつきながらなんどもかぞえる喜びも捨てがたいのだ。
ラベル:仮想通貨 英語
posted by kazoo at 13:43| Comment(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ