2014年07月07日

三国志の英語「白眉」

頭脳明晰で、優秀な人のことを「白眉」と呼ぶけれど、その語源とされるのが三国時代に蜀に仕えた馬良(Ma Liang)である。荊州の襄陽では名家として名高い「馬」家には、秀才として知られる五兄弟がいたのだが、その中でも馬良は最も秀でていた。そして、なぜか、彼は若いころから眉毛が真っ白だったという。

"White Brows is the best among the five Ma brothers."
(英語でも、文字通り「白い眉」である)

彼の有能ぶりは、ほぼすべての人材が劉備と共に益州攻略に出発した後も、前線を抱えている荊州の留守を任されていたことでも分かるだろう。さらに、蜀の丞相・諸葛亮とは、義兄弟だったとも言われている。ちなみに、弟の馬謖(Ma Su)は、諸葛亮からも軍人として評価が高かったのだが、魏との街亭の戦いで判断を誤ってしまい敗戦の原因を作ってしまった。

・・・そういえば、自分が小学生だったときに、髪の毛に白髪の多い友人がいたけれど、やっぱり彼は「漢字博士」と呼ばれていた。


ラベル:英語 馬良 三国志
posted by kazoo at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ