2014年01月30日

STAP細胞

理化学研究所の小保方晴子さんが、万能細胞の開発に成功した。

その発表に関して、それまでの生物細胞学の常識からかけ離れていたため、英科学誌ネイチャーからは掲載を拒否され続けてきた。しかし、彼女の可憐でオシャレな容姿からは想像できない負けん気と粘りは、とうとう新たな時代の幕を開けることに成功したのだ!

その型破りな発見が、「STAP細胞」だ。
マウスの細胞を弱酸性の液体に30分浸しておくという外的刺激が、細胞の初期化を引き起こすという発見である。

ストレスが万能性を創り出すというのは、なんだか、人生にもあてはまるようで深い。

【関連英語】
STAP:stimulus-triggered acquisition of pluripotency
「刺激による細胞の万能化」
「万能」にあたる「pluripotency」は、「多能性」と訳されることが多い。

さて、「初期化」という英語であるが、細胞の「初期化」には「reprogram」が使われている。ちなみに、この分野では、京都大学教授の山中伸弥さんによって開発された「iPS細胞」でも有名になった。

コンピューターを使う人なら、まず、思い浮かべる「format(フォーマット)」も「初期化する」という動詞になっているが、もともとは「形式(書式)を設定する」という意味だったようである。
posted by kazoo at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ