2014年01月06日

インジャン・ジョー

インジャン・ジョー(Injun Joe)は、マーク・トウェイン「トム・ソーヤの冒険」に出てくる冷酷な悪人で、町中の人から恐れられている。この「インジャンジョー」という名前には、なにか恐怖感を与える独特な響きがあり、たとえば、横溝正史「犬神家の一族」に登場する”スケキヨ”という音感にも似た怖さがある。

でも、このように圧倒的な迫力を持つ悪役がいることで、物語にリアルな臨場感や展開が生まれる。ピクニックに行って洞窟の中で迷ったトムとベッキーがジョーを見かけたときの恐怖感たるや・・・。

ちなみに、90年代に「Tom and Huck」というタイトルで映画化もされていて、ちょっぴり笑えるシーンもあった。それは、トムとハックが、ジョーに遭遇した時の会話である。

Injun Joe: I know you. You're Pat Finn's boy... Blueberry?
「おまえを知ってるぞ。たしか、パット・フィンの息子の・・・ブルーベリーだったかな?」
Huck Finn: Huckleberry!!
「ハックルベリーだ!」

とても怖い悪役が、ときどき、とぼけたことを言うと、ちょっと笑える。
posted by kazoo at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学、登場キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ