2021年09月19日

「世界は、光あふれる」ウエストサイド物語

若いころは、ミュージカルが嫌いだった。

ひところは自分も海外の舞台でミュージカルに参加していたにもかかわらず、あのスポットライトを浴びた明るい世界には、なかなか、なじめなかったのだ。

だが、あれから20年が過ぎたある日、テレビで流れるミュージカルのワンシーンを見て、不覚にも目頭を熱くしてしまった。あの歌「ウエストサイド物語(West Side Story)」より’Tonight’の一節だ。

"The world is full of light,..." 
「世界は、光あふれる」から続く、

"The world is wild and bright,..."
「世界は、荒々しく輝く」というフレーズ。

そのとき、だらだらと人生を過ごしている自分の精神に、恐ろしい雷のような衝撃を与えたのだった。

そうだ。
世界は輝いているのだ。
自分が暗く沈んでいようと。
posted by kazoo at 16:43| Comment(0) | 文学、登場キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ