2019年02月27日

師曰く「金魚ばちの中の哲学」

若い時代は、焦りがちだ。
僕も、早く田舎を出て、世に出たいという気持ちでいっぱいだった。
(その能力があるかどうかは考えていない・・・)

そんなとき、先生の言った話を思い出す。

・・・今の生活が嫌だと思っているんだね?
君たちが今やっている勉強が、これから先、役に立たないとも。

大人だって、仕事が嫌になって、
ノイローゼになったりするよね。

でも、周りをよく見てみると、いつでも笑って生きている人がいる。
今いる場所は同じなのに、苦痛を感じている人と楽しんでいる人がいるんだ。

この違いは、なんだろう?

それは、ものごとのとらえ方の違いだと思うんだ。
ちょっとだけ、頭の中で考えるのを止めておくのさ。

金魚って、すごいと思わないかい?
あんな小さな水槽に閉じ込められているのに、
いつでも、優雅に泳いでいるんだよ。

・・・金魚、ゆらゆら。
posted by kazoo at 17:41| Comment(0) | 日記、コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

火星探査機オポチュニティ号にささぐ

先日、アメリカ航空宇宙局は、こう発表した。

"NASA's Opportunity Mars rover mission is complete after 15 years on Mars."
NASA火星探査機「オポチュニティ」号は、15年に及んだ火星での任務を完了。

・・・我ら地球人の未来のために、

コツコツと火星の情報を送り続けたオポチュニティは、

「赤い悪魔」とも呼ばれる火星の砂嵐の中、

黙々と孤独な作業を続けてきたのだ。

長く、戦い続けてきた彼らは、砂の中で交信を絶った。

火星の嵐を克服するという課題を我らに残して・・・。
ラベル:火星 NASA
posted by kazoo at 16:18| Comment(0) | 歴史、サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

ジンギスカン

ジンギスカン(Genghis Khan)は、モンゴルから世界帝国を築いた。
その広さは、ユーラシア大陸のほぼ全土を覆い、マケドニアのアレクサンドロス大王やローマ帝国のカエサルが征服した領土をはるかにしのぐ大きさである。

彼が率いたモンゴル兵たちの強靭さや凶暴さから、そのリーダーであるジンギスカンも恐れられているが、実際は、落ち着いていて穏やかな人物ではなかったかと思うのだ。

それを知る彼の言葉を紹介したい。

"Violence never settles anything."
暴力からは、なにごとも解決しない

"An action comitted in anger is an action doomed to failure."
怒りから生まれた行動は、破滅へ向かう行動

など、いつでも怒らないで冷静にいるように説いているし、

"Even when a friend does something you do not like, he continues to be your friend."
たとえ友人が自分がしてほしくないことをしても、彼は友人であり続ける

にいたっては、恨みや復讐からほど遠い考えである。

それに、そんな小さなことにとらわれる人が、
あんな大帝国を築けるはずがない。

ところで。

彼にまつわる伝説で好きなのが、日本の武将である源義経が、
大陸に渡ってジンギスカンになったというものだ。
「源義経=ジンギスカン説」紹介記事へ

どこにでも大人物はいるんだと思う。
posted by kazoo at 11:39| Comment(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

ジャン・ジロー、あるいは、メビウス

ジャン・ジロー(Jean Giraud)は、フランス人SF作家で、
’メビウス(Moebius)’とは、彼が漫画を描くときに使われる別名。

その心理状態を彼はこのように表現している。

”Going from Giraud to Moebius, I twisted the strip; changed dimensions. I was the same and yet someone else. Moebius is the result of my duality.”

ジローからメビウスに移行するとき、私は流れを曲げて、次元を変化させる。私は私であり、同時に別の誰かでもある。つまり、メビウスは自己二面性の結果なのだ。

たとえば、彼の代表作と言っていい「アルザック」は、
宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」の元になっている。

【原書】メビウス「アルザック」紹介記事

その不思議な世界観は、淡々と静かなのだが、心に迫ってくる。
ラベル:英語
posted by kazoo at 14:10| Comment(0) | 文学、登場キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本1980年代に子供時代、1990年代に青春時代を過ごした。
shirakazooココログヘ


本楽しい情報満載!
「おもしろぐ」へ


本転職、起業、海外留学に関する情報
「繁忙期のブログ」へ